出口が必要なんです

IMG_3163
とにかく暑い。

花火大会も真っ盛りですね。
4日は、JRの架線事故と横浜の花火大会で帰りは大変でした。
いつも、火曜日はレッスン終われば、8時半なので、4日の帰りは混むことは覚悟していましたが、電車が止まるととは想定外でした。

暑い中、混乱も起きずに全くよかったです。日本人って本当に律儀ですね。

昨日は、長崎からのお客様がスタジオに来られました。
ヤムナを愛してくださる、スカッシュ大好きな方です。
長崎より暑いと言われてました。

この暑さで、頭痛があり、昨日は、鍼を打ってもらいました。
やっぱり、施術してもらうのは気持ちが良いです。
鍼を打ってもらうと、今、自分の身体のつまり、萎縮しているところが良くわかります。

身体の流れをトリガーポイントの鍼でも作るのです。詰まっているところから、流れるように出口も作ってあげる。そこに誘引するのですね。

入り口も大切ですが、出るところがないと、身体も心も疲れてしまうわけですね。

ここでもマイナス、引き算の気持ちがないと、身体はリラックスできないと感じました。

栄養価の高い食事を真面目に食べても、身体が健康にならないのは、同じ理由ですね。

自分の身体にとって必要なものを適度に取る、多すぎても少なすぎても良くない。
排泄のための身体を休めることも必要なわけです。

夜型の生活はこのリズムを狂わす。つまりは、出口への身体のリラックスができない。溜め込むだけの生活なんですね。
老化が早くなるわけです。