ブログを書くということ

IMG_8460

気まぐれに書くことにします。

私のリスペクトしている方のお一人に、ブログ、Facebook、Twitterを始めても途中でやめてしまう方が入られます。一言「面倒臭くなった」と言われていますが、面倒臭くなったのではなく、その方は、人間対人間で話すことが好きな方です。
PC、スマホ相手に目に見えない人に向かって、文字を打つなんて、確かに得て不得手があって当然だと思います。
そういう私も、どちらかというと、不得手の方かな。
ブログ、フェイスブック、Twitterでうまく自分を表現できるのも一つの特技かもしれない。

広告、宣伝が広い意味でも、狭い意味でもできる人なのですね。

マーケティングがうまい人なんですね。コミュニケーション能力ではないと思います。両方兼ね備えている人は、橋下氏かな。すぐに思いつくのは。政治家も、コミュニケーション能力もマーケティング能力もかけている人が多いではないですか。
「訴えるだけ」「お願いするだけ」「喚くだけ」「謝るだけ」全て一方通行のオンパレードです。それだったら、ブログやフェイスブック、ツイッターと変わらないと私は思う。コメント欄だって、誹謗か、中傷か、逆に誉め殺しかない感じがする。
体力、気力が必要です。人間対人間には。そのパワーがない人が、ツイッターで喚くのでしょうね。顔も出さずにね。

ブログを自己表現だという人もいるけれど、自分の毎日の報告と感想と思いを綴っているわけだから。自己表現というほどのものなのか私にはわからない。リア充ではないけれど、やっぱり脚色しているでしょ。私もしていますよ。だから読み返すと裏の本音が見えてくるのが面白いわけです。自己を表現するとしたら、きれいごとではすみまないと思っています。だから私も弱い自分を表現するためにわざわざ、きまぐれに書いているわけです。

ブログで交際報道するなんて大人のすることなのかな?自分たちが楽になりたいからだけでしょう。

フェイスブックを見るのが面倒くさいと思いながら見てしまう。そして考えたり、イライラしたり、気分悪くなったりする。
じゃあ、やめればいいのだけれど、始めた以上やめられませんね。

夏が帰ってしまったような天気。。。

今日も気ままに書いてしまいました。